一ノ瀬文香が杉森茜とのビアン婚破局をブログで告白

スポンサードリンク

ダンサーの杉森茜さんとの同性婚で過去に話題となっていた 一ノ瀬文香さんが、杉森茜さんとの破局の真相を語ったそうです。

性的マイノリティーとは関係のない人達からも高い関心を集めた同性婚でしたが、別居してからは関係修復とはならず、そのまま破局することになったそうです。

同性婚の結婚生活は難しいのか?破局の原因は?

まずは報じられた内容を見てみましょう。ヤフーニュースから引用します。

日本では現在、同性同士での婚姻は法的に認められていない。そんな中、2015年4月に同性パートナーとの結婚式を敢行し、事実上の“同性婚”と話題になったのが一ノ瀬文香さん(37)だ。あれから2年半たったが、今どうしているのか?

■徐々にケンカの回数が増えていき……

一ノ瀬さんと会ったのは、新宿・歌舞伎町の花園神社そばにある吉本興業東京本部。トレードマークだった豊かな黒髪ロングをバッサリ切り、ベリーショート姿になっていた。りりしい顔立ちによく似合っている。

「舞台をやっていて、アクションの時に邪魔だったので短くしました。彼女と別れたこととは関係ないですよ(笑い)」

そう言って、あっけらかんと笑った一ノ瀬さん。今年5月、事実婚生活も含め4年近く交際したダンサーの杉森茜さん(31)との破局を、ブログで発表していたのだ。

「別居することになったのは一昨年末でした。私としてはクールダウンの期間のつもりだったんですが、関係を修復することができませんでした」

一ノ瀬さんたちの同性婚は当時、性的マイノリティーとは関係のない人たちからも高い関心を集めた。結婚会見には多くのメディアが詰めかけ、国内外で大きく取り上げられた。

ウエディングドレス姿の2人は幸せそうだったのに、一体なぜ……。

「結婚式をした後、安心感からか徐々にケンカの回数が増えていきました。そんな中、決定打というわけではないんですが、昨年2月に出版した『ビアン婚。~私が女性と、結婚式を挙げるまで~』という本をめぐって仕事上の行き違いがあって、そこからはしばらく冷戦状態でしたね」

別れを切り出したのはどちらから?

「最終的に『ケジメをつけましょう』と言ったのは茜ちゃんです。私はどちらかというと恋愛で結論を出すのに時間がかかるタイプなので……。今年の春に2人で話をする場を設けて、彼女の希望でそれぞれのブログで破局を報告することに決めました。別れてからは、お互い普通に話せるようになって、今はたまに連絡を取ったりもしています」

実は一ノ瀬さん、覚悟を決めて一緒になった茜さんとの破局後、以前より恋愛に慎重になってしまっているという。

「今、デートしている子はいるんですけどね。私の方が及び腰で、何人かはお断りしてしまいました。その場の勢いよりも先のことを考えてしまうんです(笑い)。いずれはまた誰かとちゃんとお付き合いをしたいと思っているので、焦らずに相手との関係を温めていきたいですね」

■求められるキャラとのギャップに悩んだことも

さて、栃木県出身の一ノ瀬さんは、大学進学を機に上京し、学習塾での数学講師を経て26歳で芸能界デビュー。グラビアを中心に活躍した後、09年に写真週刊誌「FLASH」でレズビアンであることをカミングアウトした。

そのせいでグラビアの仕事を断られたこともあったが、自ら企画を持ち込むなど積極的に活動し、漫画の原作やDVDのプロデュースを手がけた。仕事の幅が広がった一方、きまじめな性格ゆえにジレンマも……。

「テレビだと、どうしても分かりやすいキャラが求められますよね? 実は私の場合、レズビアンであることに悩んだことって基本的にないんです。それでもスタジオでは『つらかったことや困ったことの話をしてください』って言われる。自分の役割をこなして番組を成立させなきゃと思って、無理をしていた時期もありました」

しかし、近ごろは風向きが変わってきたそうだ。

「NHKの福祉情報番組『ハートネットTV』などでも、スタッフさんから“一ノ瀬さんらしくお願いします”と言ってもらえて、自然体でやらせてもらっています。こういう形で求めてもらえるのは本当にうれしいです」

そう言って、充実感をにじませた一ノ瀬さん。現在は自治体の職員に向けて、LGBTの理解を深めるための活動にも取り組んでいる。

「昨年、宮崎市で市の職員さんに向けた研修会をやらせてもらったんですが、今後は全国に広げていきたいと思っています。職員の方から知ってもらうことで、窓口での対応も変わるかもしれない。それって結構大きいと思うんですよね」

世間の反応は冷ややか?

この報道に世間ではこんな声が挙がっているようですね。大まかに多かったコメントを3つ挙げると以下のようになります。

  1. 「同性愛者の結婚を主張しておいて、すぐに別れるのは無責任」など離婚や被害者ビジネスを批判するコメント
  2. 同性愛者の公共の場での言動を批判するコメント
  3. 「同性愛者はすぐに別れる」「子供を持てないことが長続きしない理由の一つではないか」など同性愛者の交際、結婚に対しての印象を述べるコメント

ご覧のようになりました。では、詳しくコメントを見ていきましょう。

名無しさん
6時間前
おとつい、銭湯行ったらそれっぽい2人組がいて、露天風呂で目の前で足と足を絡め出して、目のやり場に困りました。別の銭湯でも、違うカップルが似たような事をしていました。
同性愛を否定をしませんし、もちろん、同性愛の皆さん全員がこうではないでしょうが、自分達に理解を深めて欲しいと言うなら、不快な行動は止めてほしいと思いました。
名無しさん
7時間前
マイノリティーの人たちが自分達の存在をアピールする事は良いと思う。ただ、その主張が強くなり過ぎると、周りからは被害者ビジネスと受け止められる。
トイレや更衣室などで困っているんです
と言えば、あぁそういう事も困るんだなって思うけど
私達専用のトイレや更衣室を造るべきだ!
ってなると、みんなからは疎まれるよね。
名無しさん
6時間前
異性婚でも離婚率高いからね。性格の違いもあるが、男性と女性とでは生物学的に感覚が異なるからうまくバランスが取れるんだと思う。
同性同士だと共感した時のシンクロ率は高いけど、いったん意見が合わないと折り合いつかなくなると思う。
名無しさん
6時間前
恋愛は自由だと思う。
ただ、公私混同したらそりゃ上手くいかないよね。
マイノリティー関係ないよ。
名無しさん
5時間前
失礼だが、この人達は性別マイノリティーを浸透させると同時にLGBTで悩んでる人達を更に窮地に追いやったと思います。
同性婚を認めさせて置きながら僅かな期間で破局。
普通の男女の結婚ですら早い破局があるのは誰もが知ってるのに、同性婚に関しては本当に真剣に考えてやったのかと思ったらただのファッションで、考えのすれ違いとかそんな理由で行政に認めさせた異例の婚姻を離婚へ進めたのは、今後の同性婚を考える人達に社会の目を今まで以上に厳しくさせ、なんちゃってLGBTだろ?という偏見を具現化させてしまったように思います。
名無しさん
5時間前
あれだけ社会に強く同姓婚を求めておきながらあっさり別れたら、世間が「やっぱりそういう仕組みはいらないんじゃない?」って風潮になっても仕方ないと思う
名無しさん
6時間前
要は男女の結婚離婚と同じってことだねー。
職場に同性愛者いたけど、のろけてたけどしばらくして別れたって
凹んでいた。
異性愛と同じなんだろうけど、ここまでニュースで話題にして
しまったら、商売と思われても仕方ないんだろねー。
名無しさん
6時間前
2年半のうち、一昨年から別居って、早い段階から、ダメだったんですね
式を挙げるまで、いろいろ大変な事が多かったと思う
意志を貫いてほしかった
名無しさん
6時間前
異性愛でも結婚後に激しく揉めて離婚なんてことはよくある。
それが法的に結婚が認められていない同性愛で激しく揉めずに破局を迎えたという認識です。
思いあったまま添い遂げても、法的に家族ではないから最期を看取ることができずに悔やんだという同性カップルの記事を読んだ時、いろんなことを考えさせられました。
同性婚を認める認めないは別として、こういうことは知っておきたいです。
名無しさん
6時間前
その時はずっと続く関係だと思えたから、万が一の時、法的に立ち会える関係でないと困るから、妥当な選択だったのだと思いますよ。
ゲイの結婚も目にしてきました。当時メディアでとりあげられた?彼等のその後はいわずもがな。
そこになんらかオフィシャルな事由のあるカップルはあまり良い結果になってないように思いますよ。
恋愛や生活を仕事にするとネタ作りに奔走する人が多くなります。異性にしろ同性にしろ同じですね。
同性婚についてすべての人に理解して欲しいとは思いませんが、冷ややかにとらえるなら、異性婚同様、法的な契約の一つとして、あぁ、そんなのもあるんだくらいの認識は世間様からして欲しいものだと思います。
いくらでも面白おかしくはできますが、同性同士でいかに生きるかはわりと切実な問題があるものです。
名無しさん
4時間前
ゲイですが、あまり声高く主張されるのは苦手。
いま置かれてる立場でささやかな幸せ見つけられればそれでいい。
普通に暮らして普通に恋愛できればいい。
オネエ言葉にも嫌悪感ある。
こんなゲイがほとんどだと思う
名無しさん
5時間前
>>「最終的に『ケジメをつけましょう』と言ったのは茜ちゃんです。私はどちらかというと恋愛で結論を出すのに時間がかかるタイプなので……。
一ノ瀬さんは結婚と恋愛を同列に考えている感が。
結婚は甘くないです。
相手方の家族の運命も背負って生きていく覚悟がない限り、結婚はしないほうがいいのでは。
名無しさん
6時間前
本の出版ののち、ってことはお金の取り分でもめたのかな?
名無しさん
5時間前
数年前、ウーマンオンザプラネットっていうTV番組で杉森茜さんが何人かで旅をしてたけど、気がものすごく強くて変わった方だった。
性別抜きにしてもあまり結婚向きな方ではないのかもしれない。
名無しさん
6時間前
否定はしないけど、記事にしなくとも、って思う。読んだあと、違和感が残る。
名無しさん
5時間前
LGBTであることをひた隠しにする方が精神的に楽だと思っている人が大多数じゃないのか?
リブが全て見たいに思われないように、節度ある行動をしないと単なる被害者ビジネスになっちゃうよ。
もう半分そうなってるかな。
名無しさん
5時間前
同性婚でお騒がせのレズさんね。
同性婚に拘らなくても、一緒に居れたらよくないですか?
相手を見る目を養って、次は長く共にできるパートナーが見つかればいいですね。
名無しさん
5時間前
婚姻っていうから、神聖視している人から拒否されるんだと思う。
同性パートナー制度って法律作って、権利や義務は同程度発生するけど戸籍上は一緒にならないって制度でも作ったらどうかな。
名無しさん
4時間前
「結婚式をした後、安心感からか徐々にケンカの回数が増えていきました。そんな中、決定打というわけではないんですが、昨年2月に出版した『ビアン婚。~私が女性と、結婚式を挙げるまで~』という本をめぐって仕事上の行き違いがあって、そこからはしばらく冷戦状態でしたね」
些細な喧嘩なんてどこの家庭にもあると思います
そのようなことですぐに離婚なんてしていたら、って思っちゃう(˘•ω•˘)
名無しさん
5時間前
同性愛に関してはそれ程抵抗のない方だと自分では思っていたけど、ウエディングドレス着た2人がキスしてる写真はやっぱりちょっとひいてしまう・・・ちょっと性生活の事を想像してしまうのはやはり差別意識が少なからずあるんでしょうね

スポンサードリンク



名無しさん
5時間前
好きにしてって感じ。
結局すぐ別れたって話しでしょ?普通の夫婦は子どもができてその子が二人のつなぎ役にもなるから簡単に離れることはないけど、つなぐものが何もないと結局どっちかの自己主張から別れることになるんだろうね。
名無しさん
4時間前
自分の回りにもLGBTの友達はたくさんいるけど、この方たちの同性婚をメディアで見たとき、日本にもそういう時代がきたんだなぁと思った。
その後の破局の報道を見て、薄っぺらい結婚だったのかなぁ…と感じた。
戸籍や姓が変わる異性婚でも離婚率は決して低くはないけど、同性婚の場合は別れることに異性婚よりハードルは低い気がする。
あれだけメディアで騒がれたのに、今となっては誰にも何の印象も残らない結婚だった気がする。
名無しさん
4時間前
同性愛カップルでも普通の男女カップルと同じ様に、性格や意見の食い違い、浮気なので別れたカップルをいくつも見てきた。LGBTだから目立つ︎‥話題になるだけで取り立てて珍しい事ではないのだからそっとしてあげれば良いのでは。
後、上の方のレスにあったが、自分のいる地方の銭湯ではゲイの方々が結構集まって色々問題行動を起こしていると聞きます。公共の場ではそういう事はするべきではないと思うし、自分は絶対にしない。風呂に行って気になった相手が確実に同性愛者かなんかは分からない、それにちょっかい出すなんて以ての外。相手の立場を考えたら気持ち悪い、もしくわ怒りしか起こらないと思う。自分達の立場を社会に理解してもらいたいならそれなりに自分達の行動にも責任を持たないと決して認められない。
名無しさん
5時間前
想像だけど、同性婚だって異性婚だって根っこは同じでしょ。当然喧嘩も離婚も同じようにあるでしょ。
名無しさん
4時間前
絶対別れるだろうなと思ってました
ちょっとSHOWBIZっぽくなり過ぎてましたし
結果は見えていましたよね
名無しさん
5時間前
異性愛でも同性愛でも悩むところは同じってことだね。
思いやりのある人もいれば自己中でめんどくさい人もいる、どっちのカテでも。
名無しさん
4時間前
あっけらかんとしてるけど、これもし入籍→離婚だったら、書類の手続きだけでも面倒ですからね!
ある意味、入籍できなかったからこそできた決断かもしれない
同性でも結婚したい、それはわかるけど、結婚ごっこ、離婚ごっこをやらかしてリアリティショー化するのは違うと思う
名無しさん
4時間前
同性愛の人って猛烈な喧嘩してすぐに分かれ、すぐに相手見つけてを繰り返している人格破綻者ばかりのイメージがある。そうじゃない人もいるのだから、こういう軽薄なやつが代表を気取っているのは不愉快。
名無しさん
4時間前
かなりマスコミに出てアピールしていた印象があります。わずかな期間で同性婚は解消ですか?仕事の種になっているのは理解できますが、大半の方は性同一性障害を商売にせずに、普通に暮らしています。性同一性障害を売り物にしてタレント活動するのには違和感を感じてしまうのが正直な気持ちです。
名無しさん
5時間前
子供出来ない分、異性同士の子あり夫婦よりかは、あっさり別れられるってのもあるのかな?
同性のカップルで、長続きしたケース、あまり見ないので。
名無しさん
4時間前
うちの妹はパートナーと同棲してかれこれ8年になる。
まあ今は二人とも元気で働いているからいいけど、
もしどちらかが死んだ場合、もし病気になって失職した場合、
今のままだとルームメイト的な位置づけで処理されてしまうのが嫌だといっている。
感情論ではなく、相続とか扶養とか婚姻によって得られる権利って大きいわけで。
お互いの親・兄弟への挨拶も済ませて家族ぐるみの付き合いもあるし、ちゃんとした2人なんだけどなあ。
名無しさん
4時間前
あんなに大騒ぎして世間を騒がせておいてなんなの?
と思ってしまう。
名無しさん
5時間前
そりゃ普通に二人の生活をしたいのに、本のネタにされたら怒る。それだけのこと。
名無しさん
4時間前
男と女 破局あり
女と女 破局あり
男と男 破局あり
いいのでは
名無しさん
4時間前
多くのLGBTはひっそり結婚できるようになっててひっそり結婚して、最悪こっそり離婚するのが望みだろうね。
過渡期とはいえ、LGBTの代表みたいに大声上げて騒いであっという間にダメでしたは迷惑と考える人も多いだろう。
この人もこっそり離婚すりゃいいのに…だからヘテロから目立ちたがり、かまってちゃんって目で見られるんだよ。
名無しさん
5時間前
同性愛の人ってすぐ付き合ってすぐ別れて
だいたい同時進行の人も何人かいるよね
そりゃ結婚無理でしょ
名無しさん
6時間前
このお二方のやり方、主張、お話の際の言葉の選び方が苦手でした。同性婚、断固反対!という考えではないのですが、このお二方をテレビで見た時に「こんな言い方しなくてもいいのになぁ。他の言い方があるでしょ。」と何度も思いました。
名無しさん
5時間前
同姓婚を法制化すべきだって意見が最近目立つけど,同姓カップルの「離婚」をどのような場合に認めるべきか,きちんと詰めて議論してもらいたいね。女性カップルのどちらかに子供が産まれた場合,その女性カップルの子供と推定するのも無理があるし,異性間の婚姻とは自ずと異なる制度にならざるを得ないと思う。
名無しさん
3時間前
同性愛を否定するつもりはないけれど、一つのトイレに一緒に入って卑猥な言葉を、楽しそうに連発されると嫌な気分になるし、大型商業施設の駐車場でキスを繰り返したりする姿があると、子供が唖然としてるし何と言っていいか分からない。理解してほしいと思うなら、理解してほしい周囲を嫌な気分にさせるなよって思う。
名無しさん
4時間前
異性恋愛とか同性恋愛とかじゃなく、単純に結婚そのものに憧れて失敗する人、ではないかな。地に足がついた同性婚をしている人たちも多くいると思うので。
名無しさん
7時間前
時代が変わったのか自分が
古いのか理解に苦しむ。
名無しさん
4時間前
異性でも離婚する人は少なくないから同性婚だから特別うまくいかなかったわけでもないだろう。
お互いいい相手と出会えるといいね。
名無しさん
4時間前
そっちの言い分もわかるけど、こっちの言い分も聞いてよって感じだな。
名無しさん
5時間前
同性婚でも、同じ結婚。結婚があれば離婚の可能性はある。ただ、少子化の問題は付きまとうけど。
名無しさん
4時間前
金で揉めたんじゃないの。本だして、一方の方が儲かるような形になって、もう一方がごねたのでは。よくある話で、同性間異性間問わず、金が絡むとどうしてもね。
多めにあげといたら、と思いますよ。多めにあげておくと、揉めない。契約書、先に作成しておくとかね。
金って一番、自分の価値とか、あるいはその作品に対する貢献度とか
測れる、最も単純なわかりやすいものだし。どっちかが、「私だって本作成にあたって、あれだけ貢献したのに、これくらいしかくれないの?」という気持ちを持ったら、アウトだ。まるで「無価値」の烙印を押されてしまったかのようなものだから。
これが、一方の人が、三歩下がって相手についていくような主従関係だと、我慢しつつもなんとか続いていくのだが。稼ぐ夫についていく女房みたいな形ならね。でも同性同士って、異性同士より、対等な関係が多いような気がして。だから金で揉めると、別れも早く訪れるだろうなと。
名無しさん
2時間前
セクシャルマイノリティーへの理解が進むことは良いことだけど、まだまだ困難が多い。
大々的に発表し注目を集めたカップルだけに、自らがフラッグシップモデルだという自覚はもう少し持って欲しかったかな。
偏見の強い人にセクシャルマイノリティーのカップルなんてすぐに別れるんだと思われる隙を作ってしまった感は否めない。
名無しさん
4時間前
ゲイもだけど、出産子供というのが無いからね。
お互い共通の守るべき存在というのがないと、
恋愛の延長みたいな感じになる。
名無しさん
4時間前
正直女性同士の結婚のほうが大変でしょ?
性格と性格がぶつかりやすく感情的になりやすいし
男性同士のほうが見ていて気持ち悪いが
上手くいくときは方にはまりやすいのは男同士。
名無しさん
4時間前
異性婚姻制度が持つ最大の意義は、異性カップルは子が生まれる可能性があるためあらかじめ受け皿になるよう彼らに社会的立場と特権を付与し、もって次世代のスムースな育成に資する、というところです。
同性同士なら公正証書作成、養子縁組、昨今ではパートナーシップ制度等があり、「同性婚」というのはメンツというか名目のためのものにしか見えない。
それで、頑張って同性婚をアピールしていた当事者が破局してしまった。「異性カップルだって破局することもあるじゃないか!」という叫びが空しい。
だってパートナー制度含めて国内百数十件しかない事例の中の一つでしょ?母数が少ないんだから自動的に「破局率高い」ってことになっちゃう。
いったい同性婚って社会のために何の役に立つの?と思っていたが、「同性婚アピール」「くっついた」「離れた」のドタバタを見せられますますその思いを強くした人は多いんじゃないでしょうか。
名無しさん
3時間前
異性同性関係なく、恋愛は難しい。
名無しさん
4時間前
>私はどちらかというと恋愛で結論を出すのに時間がかかるタイプなので……。

結婚では無くて恋愛だったということですね。
結婚と恋愛は全く別物。「結婚ごっこ」を持ち込むなと言いたい。
ま、仮に100歩譲ったとしても、
夫婦の1/3は離婚する世の中。
自分が披露宴に出た回数を数えてみたら、17回出て、12組が破局。
(内、子持ち離婚は1組だけ。)
実に7割が離婚している。
だから、彼女らの「結婚ごっこ」が「結婚」だったとしても
さもありなんということで驚かない。
「子はかすがい」とはよく言ったもんだ。
名無しさん
2時間前
なんだかわけわからず騒いで結婚してね。
売名かと思っていましたが。
静かにやっていればまだ続いていたのでは?
名無しさん
3時間前
同性で友達以上の関係になることは否定的に考える。
同性愛の人って無理言うことが見受けられる。
ミスコン出場を断られると差別だと声高に主張したり、同性しか愛せないのに自分は異性愛者だと言い張ったり。
名無しさん
5時間前
パートナーには自分を仕事のネタにされてる感じなんだろう。そこは秘密にしてほしいことまで喋られるとな。かたや同性婚で大丈夫って思ってたり。今後パートナーになる人は全部喋られること前提で付き合わないと駄目やで。
名無しさん
3時間前
「自分らしく」という言葉を勘違いして、「自分の好きなように」と思っている人が増えています。例え、普通の夫婦でも、プライベートを一々人前で言わないですよね。夫婦の問題は外に出さないのが普通。自分たち自身で解決すべきだから。マイノリティのカップルだろうと、それは同じはずですが、「自分たちは差別されている、それは間違っている」→「自分たちにも権利がある」→(ここから明らかにズレてきます)「自分たちの思う通りに生きていい」→「“自分”の思った通りに生きて良い」。これって、自分勝手、相手のことを考えないことと、自分らしく、という境界線を曖昧にし、前者のほうが強くなるために、カップル内でも衝突、摩擦が生じると、解決よりも、どっちが正しいか、どっちが折れるかとなってしまって、修復できなくなるんでしょうね。若年での結婚も80%が数年で離婚に至っているそうです。「自分らしく生きたい」人たちのご参考に。
名無しさん
5時間前
LGBTを理解しようとは思う。が、正直そう簡単に気持ちは理解出来ないし、まして自分に降りかかるのはゴメンだ。公衆の場でいちゃつかれたり同性から色目を使われるのは無理。そのことを逆に理解して欲しい。ルールを守ってこそ共存が出来るのでは?
名無しさん
2時間前
LGBTに公費使うくらいなら、車椅子の方のための施設費に回して欲しい。
名無しさん
5時間前
とんねるずの一件以来、ちょっとこの人達の組合無理。
マイノリティを振りかざし過ぎ。
名無しさん
4時間前
同性婚やそれに類する事に否定的ではないが、
この人たちに限れば売名ともとれる行動が多い。
被害者ビジネス、マイノリティビジネスはあまり印象が良くない。
名無しさん
4時間前
すぐに分かれるくらいなら大騒ぎしなくてもよかったのにね
むしろ悪しき前例になっちゃったじゃないか
自分たちが先駆者なんだという自覚がなかったのかねえ

このように、一般的な芸能人の交際、結婚などのニュースに比べて、かなり長文で自分の意見を述べるコメントが多かったように思います。

とんねるずの保毛田保毛男騒動で明らかになったように、性的マイノリティーに属する方たちはメディアの差別的な表現にはものすごく過敏な印象があります。

そのような過敏な反応をよく思っていない人もいて、今回の破局報道に対し「マスコミを利用するだけしておいて、あっさりと別れるのは無責任だ」というコメントにつながったような印象があります。

また、一ノ瀬文香さんと杉森茜さんの破局に対してではなく、身の回りで見聞きする同性愛者の公共の場での言動に眉をひそめている方たちが多いこともわかりました。

社会的認知が進んだ分、同性愛者の人たちは公共の場でもこそこそせずに自由に振舞うようになったということなんでしょうかね。

それと、同性愛者は付き合うのも別れるのも早いという認識を持っている方も大勢いらっしゃいましたね。異性婚であれば子供を持った場合に簡単に別れることはできないが、同性婚の場合は”かすがい”となる子供がそもそもいないので、仲が冷え切った場合に一気に破局に進むのではという考えのようですね。

その他多くみられた反応は?

赤字、青字、緑字には入れませんでしたが、同性婚だろうが異性婚だろうが別れるときは別れるのだから、大きく取り上げないで欲しいという意見がありましたね。

それと、一ノ瀬文香さんと杉森茜さんの破局に対して、本を出版したことによるお金の問題があるのではないかとの意見もありました。真相は知る由もありませんが、テレビにしろ書籍にしろ、メディアへの露出が増えると、それだけ何かあったときの推測、批判の材料になるということですね。

今後の展開は?家族や仕事への影響は?

一ノ瀬文香さんと杉森茜さんの今後の話題はどうなるかわかりませんし、このお二人の家族や仕事への影響は何とも言えません。

ですが、性的マイノリティーに関する話題は時代の流れでますます増えるのかもしれませんね。

メディアが取り上げる機会がこれだけ増えてくると、企業だけではなくいち個人としても何かしらの見解、スタンスというものを持たないといけない時代になったのかもしれませんね。

最後に、ニュース本文やコメントの中で取り上げられていた書籍『ビアン婚。』をご紹介します。「ビアン婚」なんてことば、初めて聞きましたが、出版にあたっては流行語になるのを狙っていたのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク